寝室で使っているアクタスのサイドテーブル

ベッドサイドチェスト

ベッドサイドには、目覚まし時計や本などが置けるような、ちょっとしたテーブルがあると便利ですよね。

以前使っていたサイドチェストはベッドフレームとセットで買ったもの(モーダエンカーサ)でしたが、

ベッドフレームを新調したらサイドチェストの高さが合わなくなってしまったので、どんなのがいいのかなと考えていました。

 

アクタスのサイドテーブル

 

リビングで使っていたサイドテーブルを新しいベッドの脇に置いてみたら意外と良かったので、もう一個同じものを追加購入してベッドの左右対象に置いてみることに。

 

ベッドサイドのテーブル

 

買い足したのは、アクタスのサイドテーブル。TECTA K22 (ホワイト)。

高さが自由に調節でき、脚元はL字型なのでソファーなどの角に添わせるように置いたりできます。

 

 

アクタスの店頭で他にもサイドテーブルはたくさんあって、大理石のサイドテーブルとかも素敵でしたが、これがいちばん天板が安定してたかも。

うちは猫がいるので、天板の安定感も考慮したいポイント^^

K22は、昔からある人気デザインなんだそうです。

白とシルバーの組み合わせが好きなので、ホワイトをチョイス。

ホワイト塗装だけど、木目がうっすら見えるところも気に入っています。

 

テーブルの上の金具の部分は、テーブルを持ち上げるためのものみたいだけど、店員さんに聞いたら、普通に持ったほうが早いので99%飾りでしかないそうです^^

でもこの金具がポイントになっていい感じでした。

 

トレイがついたテーブルも素敵。

 

北欧テイストのテーブルもおすすめ。

 

ベッドサイドのテーブル

 

アクタスのサイドテーブルを置くと、こんな感じ。

 

ベッドサイドのテーブル

天板はおむすび型。

すぐ横にクローゼットがあるので、扉の開け閉めのじゃまにもなりません^^

 

見やすい目覚まし電波時計。

 

立てかけるタイプのテーブルもおしゃれ。

 

ベッドルームの照明
ベッドルームにおすすめ。北欧テイストの照明

続きを見る

シモンズベッド
大塚家具で買ったシモンズのベッド

続きを見る

ベッドシーツとカバーの必要枚数
【寝具】シーツと布団カバーの必要枚数と洗濯頻度

続きを見る

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

megru / メグメグ

北欧インテリア好きミニマリスト。夫婦2人+メインクーン2匹の東京マンション暮らし。好きなものや大切なものを優先にした北欧ミニマルな暮らしで、自分らしくいられる居心地の良い部屋作りをしています。

■ 出版書籍『メグメグのシンプルかわいい片づけ生活』『メグメグの北欧雑貨とシンプル片づけ生活』『シンプル可愛い収納のコツ』
■ YouTubeチャンネル『megmeg simple life』

-北欧インテリア

Copyright© megmeg simple life , 2023 All Rights Reserved.