散らかるリビングを片付けやすくする方法 6のポイント

散らかるリビングを片付いた部屋にする6つの方法

https://megmeg-simplelife.com

リビングは家族が集う場所。

人もモノも集まる場所だから、できるだけシンプルにしておきたいですよね。

リビングをシンプルにするための片付け方のコツを、6つご紹介します。

 

私物を減らす

家族それぞれがリビングにものを持ち寄って、そのまま元に戻さないでいると、ものが増える一方。

個人の持ち物や、リビングとは別の置き場所があるものは、1日の終わりに、あるべき場所へ戻すようにします。

ものを元の場所に戻しやすくできるように、一時置き用のバスケットがあると便利です。

 

家族共同で使うモノは、リビングを定位置に

薬・文房具・爪切りなどの家族が共同で使うものは、リビングのどこかに定位置を決めておくと、片付けが楽になります。

さらにラベリングをしておくと、家族が見つけやすく戻しやすくなるので、散らかることも自然と減ります。

 

 

インテリアのテーマを決める

インテリアは統一感が一番大事。

北欧テイスト・モダンテイスト・ナチュラルテイストなど、自分好みのテーマを決めたら、それに合わないものは減らしていく。

物がたくさんあったとしても、色やテイストが揃っていると、散らかった印象はなくなります。

 

リビングの色は2〜3色までに抑える

色数を減らすほど、落ち着いた印象に。

細々したものは、統一したバスケットで見せる収納にしてみても素敵です。

 

床に直置きしているものをなくす

床をできるだけ見せるようにすると、リビングが広く見えます。

床に直置きしているものを減らしたり、脚付き家具や線の細い家具を選ぶようにしてもOK。

 

視点が集まる場所を作る

視点の集まる場所をつくると、部屋にメリハリができて、すっきり見えます。

部屋に入ってすぐ目につくような場所に、目立つインテリアや照明、植物などを置いたり、小さい置き物を1箇所に集めたりしてもいいかも。

私のリビングでは、インテリア小物を壁掛けシェルフの1箇所に並べて飾ることにしています。

1箇所にまとめることで、増えすぎないという効果もあるのでおすすめです。

 

わが家のインテリア雑貨は、こちらでも一覧でご覧いただけます。>>楽天ROOM

 

関連記事

-片付けのコツ
-

Copyright© I'm home , 2020 All Rights Reserved.