【片付けの手順】片付けられるようになった!私の片付けメソッド〜3ステップ

理想のインテリア

 

今はシンプルな暮らしを楽しめるようになりましたが、子供の頃はそうではありませんでした。

実家は物で溢れ、置ける場所があればそこが置き場所。

本来ダイニングルームだったところは物置となり、タンスに入りきらない服はその辺にあり、テーブルの上は調味料や郵便物が広がり、押し入れは開けてはいけない(開けると怒られる)場所でした。

私がいつから片付けにはまったのかは、はっきり思い出せませんが、友達が家に遊びに来れる場所を作りたくて、片付けだしたことが始まりだったような気がします。

片付いた部屋は、いつもの自分の家ではないように見えて。

そこで音楽をかけて寛ぐと、幸せな気分でした。

それからは、どこかターゲットを決めては片付けるということが楽しくなって…。

家族は面倒くさがりで誰も整理しようとしないので、自分なりのやりやすい方法で片付けるようになっていました。

私のお片付けの方法は、3ステップ。

 

【Step 1】あるべき場所へ持っていく

どの場所から始めてもいいので、カゴを持って家中をまわり、そこでは使わないものを回収してまわる。

頭の中ではバスの停留所をイメージしながら、「キッチン」「リビング」「洋服タンス」「押入れ」「本棚」・・・みたいな感じに、カゴの中の物があるべき場所にきたら降ろしていきます。

 

 

調味料は、冷蔵庫に。

紙は、本棚に。

服は、クローゼットに。

出しっ放しの家電は、物置に。

 

たとえ、そこに入りきらなくても溢れてもいいから、まずはあるべき場所に戻す。

コツは、深く考えないで、客観的になること。

 

【Step 2】その場所に入りきるまで減らす

その場に入りきらななくて物が溢れていると、邪魔だなーと思いますよね。

その心理を利用して、きちんと入りきることを目標に、物を減らしていきます。

まずは、誰も使っていない物、あっても絶対使わない物から、間引いていく感じで。

 

 

昔見たテレビで、スーパーでは早く在庫処分したいものを邪魔陳といって、あえて通路の真ん中にワゴンに入れて置いておくのだそうです。

その真似をして、整理したいものを、あえて見えるような置き方にしていました。

そのように目にする機会を増やすと、とりあえず仕舞い込んでいた物でも捨てられるようになりました。

 

【Step 3】使わないけど捨てられないものは、ボックスにまとめる

「使っているもの」「いらないもの」の判断は簡単につくけど、「使わないけど捨てられないもの」が一番多くてやっかいですよね。

「捨てられないもの」をどうしようかずっと迷っていても、捨てない理由を探してみたりして時間だけが過着てしまうから、とりあえず空いているボックスにまとめておくといいです。

 

 

物は使われるために生まれてきたのだから、使ってこそ価値があります。

使える物は、とりあえず一度使ってみる。

売れる物は、リサイクルショップに売る。

それ以外のものは、朝のごみ出しの前に1日1回、必ず箱の中をのぞいて、「いらないもの第1位」を手放していきます。

そうやって、捨てられないものの全体量を減らしていく。

 

良い思い出のもの、いい気持ちになるものは無理に捨てないようにして、これ以上減らないところまでいったら、思い出ボックスとして残すことにしました。

 

スッキリをキープするためにしている 3つのこと

後回しにしない

あとで片付けようと仮置場を作っても、楽できるなら楽したいもので「明日やろう」「あさってにしよう」・・・と先延ばしになってしまいがち。

 

 

以前は、郵便物や領収書の仮置き場を作って、1週間くらい後にまとめて整理してた時もありましたが、一度後回しにするとどんどん溜まってしまい、私の場合はうまくいきませんでした。

片付けは溜めないことが一番楽な方法だと分かってからは、仮置き場を作らずに、すぐ整理して終わらせることにしています。

 

夜のルーティン
夜のルーティン
朝をラクにする【夜のルーティン】一日をリセットする家事習慣

続きを見る

 

同じ種類のものは一箇所にまとめる

クローゼットなら、トップス・ボトムス・アウターというようにエリア分けしていると、持っている枚数が分かりやすく、同じようなものを買う事が減ります。

ストックなら、一箇所にまとめることで、そこだけ見れば買い足す必要があるのか分かりやすくなります。

 

 

同じ種類というのは、自分がわかりやすい分け方であればそれでok。

最初はおおざっぱでいいので、同じ種類別に収納する習慣をつくっておくと、整理整頓しやすくなってくると思います。

 

収納用品の選び方
失敗しない収納用品の選び方
失敗しない収納用品の選び方 5つのコツ

続きを見る

 

定位置を決めたら、そこに入る分しか持たない

定位置を決めて一旦整理したら、そこから物が溢れそうになるたびに、不要な物が入ってないか見直すことにしています。

数が少ないほど、使う頻度も増えるので、愛着が持てるようになります。

 

定位置の決め方
モノを減らすメリット
【定位置の決め方】 散らかりにくい部屋にする収納 5つのコツ

続きを見る

10秒で片付く収納
片付けやすい収納のコツ
二度と散らからない。10秒で片付く収納のコツ

続きを見る

 

-片付け方

Copyright© I'm home , 2021 All Rights Reserved.