ルイスポールセンの照明を、ダクトレールにつけてみた

ルイスポールセンのダウンライト

リビング隣に引き戸で仕切られた5畳ほどの部屋があって、そこを仕事兼趣味の部屋にしています。

縦長のこの部屋にはダクトレールが似合いそうだなと思ったので、はじめてでしたが頑張って設置してみました。

 

ダクトレールの取り付け

天井のスプリンクラーに干渉しないように、位置の調節ができるダクトレールを探しました。

 

 

横にスライドさせたり回転させたりと、位置調節ができるパナソニックのダクトレールを選んでみました。

幅は部屋に合わせて、1メートルくらいのもの。

 

ダクトレール

こんなふうにバーは移動可。

 

バーの両サイドには白いストッパーが付いてて、動かないように固定できるようになってました。

ダクトレール付けるのは初めてですが、照明の設置位置の自由度があっていいですね^^

 

3000円クーポン獲得可★ダクトレール用プラグ

一応、手持ちのライトを普通に付けることもできるみたい。

 

スポットライト

ルイスポールセンのライト

 

無駄を削ぎ落としたミニマルなデザインのパークフース。

このライトをダクトレールに2〜3個付けて、スポットライトみたいにしたら面白いかもと思ったので、買ったお店でコードカットしてもらいました。

 

 

ダクトレールに取り付けるのなら余計なケーブルはないほうがキレイなので、ダクトプラグ加工の全長26cmでお願いして、3週間後。

 

パークフース

このようになりました。

短めにしてみても案外悪くない^^

取り付けてみると、天井を明るく照らしてくれて圧迫感もなく、これはこれでまたいい感じです。

 

 

ダクトレールの両端には、角度がつけられるスポットライトにしてみました。

集光型スポットライトは、向けた場所一点に光が集まり、陰影がきれいに出ます。

 

明るさ

ルイスポールセンのライトの明るさ

60ワット相当のライトを4個設置したので、かなり明るくなりました。

窓のない奥まった部屋だったので、このくらい明るくて良かったかも。

 

ルイスポールセンのライト

 

横から見ると、このようになります。

白い家具を増やして、照明も明るくなったので、少し広く感じるようになったと思います^^

 

我が家で使っている照明

ミニマルで飽きないデザインのルイスポールセン。

照明のテイストを揃えていくと、統一感がでて、より引き立ちます。

 

ダイニングテーブルの上に吊るして、一点豪華に。

 

寝室の枕元にはFLOSのスタンドライトを使用。

レースから溢れるような灯りが素敵です。

下から見ても電球が見えないのもまたいい。

-インテリア雑貨

Copyright© megmeg simple life , 2021 All Rights Reserved.