二度と散らからない。10秒で片付く収納のコツ

片付けやすい収納のコツ

https://megmeg-simplelife.com

ブログを始めた頃は「収納用品をいかに駆使して綺麗に収納できるか」に努めて頑張っていました。

でも不要なものを見直し続けていると、収納用品までもが以前ほど必要でないような気がして。

収納用品は最小限にしたほうが、かえって取り出しやすく収納できると感じることも。

 

片付けやすい収納とは

たとえば、寝室のクローゼット。

シーツをボックスにまとめて上の棚に収納していると、持ち上げるときに重たくなってしまい、上げ下ろしがちょっとストレスに。

旦那さんに手伝ってもらうために、片付けを後回しにしたりしていました。

 

シーツの収納

 

収納ボックスがあるのだから使わなきゃって、どこか思い込んでいたようなところもあったと思います。

 

片付けやすい収納
なんだか本末転倒なような気がしたのでボックスをやめて、シーツを厳選し、タオルみたいにたたんで棚に直に置いてみたら、出し入れがラクに^^;

もっと早くそうすればよかったって思いました。

 

収納も複雑に考えるのではなく、すべてをシンプルにすれば単純化するんですね^^

片付けやすい部屋にしたいなら、物を減らして、出し入れを簡単にすることが大切。

 

10秒以内に戻せる場所に収納する

人は何かをしようとした時、時間をかけるほど自分に言い訳をして、後回しにしてしまうのだそうです。

それなら、物を元の場所に戻すのを後回しにしないためには、秒で済むくらい簡単にすればいいのかも。

使う場所に使うものを収納することにし、10秒以内に物が出し入れできれば充分と思います。

 

散らからない収納方法

たとえば帰宅したら、上着を玄関にあるフックにコートを掛けるだけにする。

 

 

使う場所に収納するリビングで爪を切るなら、テレビボードの引き出しに置くのもいい。

 

 

すべての物に定位置を決める

キッチンで増えがちな物

物の定位置を曖昧にしていると、片付けのときに、とりあえず空いているところに入れてしまいがちです。

時間がたつと、どこに何を置いたのかも忘れてしまい、気づけばゴチャゴチャ状態に。

いろんな物を詰め込んだ引き出しや収納棚は、探すのも戻すのも時間がかかるようになっていきます。

 

あらかじめすべての物に定位置を用意しておくことで、早く片付き、スッキリした収納がキープできるようになります。

新しく何かを買うときも、きちんと定位置を決めてから買うことも大事です。

 

 

コンロ下・作業台下・シンク下の収納
【キッチンの収納場所を決めるコツ】コンロ下・作業台下・シンク下に収納したもの

続きを見る

 

「よく使うもの」と「たまにしか使わないもの」は分けて収納

よく使うものほど手前に

たとえば文房具を引き出しに収納したとします。

その文房具でもよく使うペンはハサミもあれば、たまにしか使わない二つ穴パンチがありますよね。

出し入れのしやすさで言えば、引き出しの手前によく使うペンやハサミがあった方が見つけやすいはず。

 

食器棚であれば、重箱や来客用食器のような頻繁には使わないものを、普段使いの食器と一緒に収納するときに出し入れのじゃまになるので、分けて収納した方がベスト。

 

「よく使うもの」は、手の届きやすい位置や引き出しなら手前に収納。

「たまにしか使わないもの」は、手の届きにくい高い場所の棚や奥に収納

 

収納用品をシンプルにする

収納用品もシンプルに

物を取り出すとき、”開けてから引き出して小箱を開けて・・・” というように手数が多くなるほど出しづらく、戻すのもちょっと面倒に感じてしまいます。

収納用品をたくさん使いすぎると、収納がかえって複雑になることも。

 

あってもなくてもいいような収納用品は外し、「吊るすだけ」「放り込むだけ」のように手数の少ないシンプルな収納方法にすれば、出し入れがラクになります。

 

 

たとえば、レジ袋はたたむのをやめて掛けるだけの収納にする。

収納用品で中身を隠してしまわないので、一目でサイズの違いも分かります。

ただ、つまんで取り出すだけ。

【レジ袋の収納方法】たたみ方 & たたまない簡単収納方法
【レジ袋の収納方法】たたみ方 & たたまない簡単収納方法

続きを見る

 

ノートパソコンやスマホは、そのまま棚に飾るように並べ、ここですべてが充電できるようにしました。

スマホの充電ステーション
スマホの充電ステーション 〜北欧壁掛けシェルフでおしゃれなインテリアに

続きを見る

 

物を収納用品で隠しすぎると使いにくくなるので、色がなるべく目立たない物を選ぶのもいいかもしれませんね。

 

7割収納でゆとりを

【少ない食器で暮らす】ミニマリストの食器の選び方と収納のコツ

ショップのように、取りやすく綺麗に等間隔に並んだ収納は気持ちがいいものですね。

家の中の収納もそれと同じ感覚で、お気に入りの物だけをゆったりと並べてみる。

そんな時間が好きです。

 

自分の好きなものに厳選して綺麗に並べると、余計なものを置きたくなくなる心理が働くので、モノが増えづらく、散らかりづらくなります。

スッと手が入るくらいの7割収納がおすすめ。

 

 

 

片付けやすい収納のコツ ● まとめ

10秒以内に戻せる場所に収納する

すべて物に定位置を決める

「よく使う物」と「たまにしか使わない物」は分けて収納

収納用品をシンプルにする

7割収納にする

 

-片付けのコツ
-,

Copyright© I'm home , 2020 All Rights Reserved.