【クローゼット収納】奥行きのあるクローゼットの収納方法

奥行きのあるクローゼット収納アイデア

押入れくらいの奥行きがあるクローゼットは、どのように収納したら良いのか悩みますよね。

私も以前住んでいたマンションに奥行きのあるクローゼットがあって、試行錯誤してなんとか使いやすくすることができました。

その時にやっていた収納アイデアをご紹介したいと思います。

 

ハンガーポールを増やして設置

クローゼット収納ハンガーバー

 

扉だけ観音開きのクローゼット風ですが、中はほぼ押入れの形でしたが、洋服を吊るしてクローゼット らしく使いたかったので、自分たちでハンガーが掛けられるポールを設置することにしました。

 

クローゼットのポール取り付け

 

ホームセンターでポールと取付金具を購入。

ポールの長さは、買ったお店でカットしてもらえたので、家に帰ったらすぐに取り付けすることができました。

取り付け金具は多めにして、しっかり固定したので、洋服が思う存分かけられるようになりました♪

 

奥行きを生かしてポールを奥と手前の2本設置することで、収納力を2倍にすることもできます。

奥のポールにはオフシーズンの服を掛け、取り出しやすい手前のポールには今の時期に着る服を掛けておきます。

そうすると、衣替えも入れ替えるだけなので楽チンです。

 

 高さが自在な IKEAの洋服ラックもおすすめ。

 

バッグや畳んだ衣類が置ける IKEAシェルフ。

 

 

奥行きに合ったサイズの引き出しを選ぶ

奥行きのあるクローゼット収納IKEAのチェスト

 

奥行きのあるクローゼットなら、奥行きのある引き出し家具を入れることも可能。

クローゼットの扉に引っかからないように、引き出しの幅を注意して選ぶことも大事です。

 

奥行きのあるクローゼット収納IKEAの引き出し
我が家では、ちょっと大きめのIKEAのチェストをクローゼットの中に入れてみました。

 

 

IKEAのチェスト

 

種類別に分けて収納できるように、IKEAのチェスト専用の仕切りボックスが使えるのも嬉しい。

大・中・小と種類があって、どんな風に入れてもきっちりチェストに収まるようになっていて便利です。

 

クローゼットの引き出し収納

 

奥行きのある引き出しなら、奥と手前で夏物と冬物を分け、使いやすい手前に今の時期着る服を置くようにするという使い方もできます。

 

 

天袋には、奥行きに合ったサイズの収納ケースを

押入れのあるクローゼット収納

 

上の天袋には長めの衣装ケースを入れることで、奥まで有効に活用できます。

大きな衣装ケースには、オフシーズンの衣類だけでなく、コートやかさばる衣類をゆったり収納することができました。

豊富なサイズ展開から選べる無印良品なら、クローゼットに合うサイズが探せます。

 

布団も入る大きな収納袋。

 

コートのたたみ方とクローゼット収納
【クローゼット収納】コートのたたみ方と、ダウンジャケットの収納方法

続きを見る

 

 

服の並べ方を工夫する

奥行きのあるクローゼット収納アイデア

 

クローゼットドアを開けた時、折れ戸の裏側の服が取り出しにくかったので、そこにはかさばるダウンやコートなど掛けることしました。

 

奥行きのあるクローゼットの収納

 

コート類・ワンピース・ボトムスというように大まかにグルーピングすると、服が分類されて使いやすくなります。

 

 

デッドスペースにラックを置いて、小物を収納

奥行きのあるクローゼットにラック

 

折れ戸の裏のデッドスペースの下にはラックを設置し、メイク用品やジュエリーを収納。

 

高さも幅もサイズが選べるメタルラック

 

持ち運びがしやすいバスケットは、メイクボックスに。

 

こんなワゴンも素敵。

 

 

奥行きを生かしたクローゼット収納 ● まとめ

 

ポイント

● ハンガーポールを増やして設置

● 手前と奥を、夏物と冬物で分けて収納

● 奥行きに合ったサイズの引き出しを選ぶ

● 天袋にも奥行きに合ったサイズの収納ケースを

● 服の並べ方を工夫する

● デッドスペースにラックを置いて収納を増やす

 

-クローゼット収納

Copyright© megmeg simple life , 2021 All Rights Reserved.