片づけの「やる気」 を引き出す方法 5つのコツ

片付けのやる気が出る方法

片づけはめんどくさい。

やる気も出ないし、時間がかかるから、まとめてあとでやろう。

これが終わったらやろう・・・なんて、後回しになってはいませんか?

やる気が出る片づけ方を5つご紹介します。

 

片づけのやる気を上げる 5分ルール

片づけを始めるきっかけとして、5分だけやってみるのはどうでしょう

どんなに忙しくても5分くらいなら、隙間時間を使ってなんとかできそうですよね。

「いつかやらなきゃ」と先延ばしにして憂鬱になるよりも、今ちょっとでいいからやってみる。

まずは動き出すこと。

やってみて気持ちが上がれば、続ければいいんです。

 

 

 

ハードルを下げて、簡単にできそうなことだけやる

片づけのハードルを高く設定しすぎると、始める前からやる気を失い、めんどくさくなります。

一箇所を片付けている途中で、別の場所がどうしても気になりはじめて、収集がつかなくなることだってあります。

始めるときは、ハードルを下げて簡単にできそうなことだけやる。

今日はこのエリアだけやると決めたら、そこだけに集中。

「もうちょっと片付けをやってもいいかな」くらいで終わるくらいがちょうどいい。

「やらなければ」と思わず、やれることだけでいいのです

 

 

 

やりたくない場所を先に終わらせれば、あとはスムーズ

やりたくない場所のことを考えると気が重くなる。

それなら、そこを先に終わらせると次に進みやすくなるかも。

「やらなければならない」という考えをずっと引きずっていると、ストレスになります。

片づけてもいないのに、その事が頭の片隅に残っていると、気づかないうちに「やる気エネルギー」が奪われていってしまいます。

気になる場所から先に済ませてしまうことで、次に進みやすくなります

 

 

片づけをリスト化して頭を整理

あれもこれもやらないといけないと思うと、何から手をつけていいのか分からなくなってしまいますよね。

そんな時は、頭の中を「見える化」して、やらないといけないことを1つずつリストにして書き出すといいです。

やることを一つ一つリスト化して、毎日一つずつクリアしていく。

そうすることで、余計なことを考えずに進めることができます。

 

とくに年末の片づけたい場所が多い時などは、気になる場所を書き出してチェックリストを作ったりしています。

リストした項目をエリア別に分けて、1日1箇所ずつクリアしていくようにして片づけるとスムーズです。

 

 

たとえば、キッチン引き出しの整理・コンロ周りの掃除・食器棚の片付け・古い食材の整理・洗面所の水垢掃除・お風呂掃除・クローゼット断捨離・下駄箱の掃除・換気扇フィルターの掃除・・・などをリスト化。

 

 

片づけのあとは、自分にご褒美

「これが終わったら楽しみが待っている」と思うと、普通にテンションが上がりますよね^^

あとで美味しいものを食べよう。見たかったドラマを見よう。映画を見よう。ゲームやろう。ゆっくりお風呂に入ろう・・・など、好きなことならなんでもOK。

 

 

 

まとめ

考えすぎずに、まずは行動することがポイントです!

15分ルール

簡単にできそうな小さいエリアからやる

やりたくない場所を先に済ませる

細かくリスト化

自分にご褒美

 

毎朝のルーティン
【捨てる基準】一日一捨を毎朝のルーティンに

続きを見る

 

-片付け方

Copyright© megmeg simple life , 2021 All Rights Reserved.