やる気が出ないときの片付け方【モチベーションを上げる6つのコツ】

シンプルライフを長続きさせる方法

https://megmeg-simplelife.com

お片付けのモチベーションを保ち続けるのはなかなか難しいものですよね。

誰かが代わりにやってくれるわけでもないし、遅かれ早かれやらないといけないので、自分なりのやり方でモチベーションを上げるようにしています。

 

優先順位をつけて、今日できそうな簡単なことから始めていく。

音楽聴きながらテンションを上げて、ちょこっとだけやってみたり。

どうしても気が乗らなくて何もかも嫌なときには、自分を追い込まずに「また明日」と自分に言います。

 

片付けるメリット

片付いた後はどんな良いことがあるのか想像すると、やる気につながります。

「食器を洗っておけば、後はゆっくりできそう」とか、「クローゼットが見やすくなったら、服が選びやすくなりそう」 など。

自分なりに目的や理由があれば、それが片付けをやる気にさせる動機づけになります

 

居心地のよい部屋に変えたい

どうしたら居心地のいい部屋に変えられるだろうって、よく考えます。

ホテルやモデルルームみたいにシンプルで落ち着いた印象でありながら、必要なものはちゃんとあるようなお部屋が私の理想。

今はネットやYouTubeでいろんなインテリアやモデルルームが見れるので、自分はどんな感じにしようかなとイメージを膨らませたりしています。

自分好みのインテリア雑貨を買い足すのは時間がかかるけど、とりあえず不要な物を処分してスッキリさせることなら、今すぐにでもできそうですよね。

 

運気アップ

風水を取り入れて運気が上がると思うと、やる気が出ます。

「古いものに運気はつかない」とも言いますし、捨て難いものの捨て方も教えてくれるから、風水は参考になります。

 

ストレス解消

気に入ってないものや嫌なことを思い出すようなもを捨てると、なんとなく気持ち楽になっていくような気が。

ストレスがたまって気持ちをリセットしたいときは、お片付けがはかどることも。

 

健康の維持

ホコリやカビを少しでも減らして健康でいたいから、物を減らしてお掃除をしやすくしたり、お掃除しておこうという気になります。

 

片付けのモチベーションを上げるコツ

目標を高く設定しない

難しく考えないで、今やれることからやってみる

自分のやりやすい方法で、やりやすいところから、できる範囲で

ハードルを低くして最初から完璧にしようと思わないことです。

 

とりあえず5分だけ片付けてみる

やりたくないことって、ものすごく時間がかかるように感じますよね。

でも実際にやってみたら、5分以内で終わったりすることも。

 

「好きな番組が始まるまでに、ちょっとここを片付けておこう」

「炊飯器のご飯が炊けるまでに、この引き出しの断捨離しよう」

「お風呂が沸くまでに、今日の郵便物を仕分けておこう」

のように、5分10分の隙間時間を利用して、ゲーム感覚で片付けを終わらせてみるのも一つの手です。

片付いた後は、ゆっくりお食事やバスタイムを楽しむなど、自分にご褒美をあげるのもモチベーションアップにつながります。

 

 

片付ける範囲を小さくする

「あれもこれもやらなくちゃ」と思うだけで、面倒に感じますよね。

片付ける範囲を小さくして、"今日はここだけ" と決めてしまえば、そこだけに集中できます。

 

一箇所を片付けていると、途中で別の場所がどうしても気になりはじめて収集がつかなくなることもありますが、”今日はここだけ” と決めたら最後までそこだけに集中。

別の場所は、明日以降にとっておくといいです。

「もうちょっと片付けをやってもいいかな」くらいで、やめておくほうが長く続けられます。

 

 

”明らかにいらないもの” は今捨てる

簡単にできそうなことでも後回しにすると、やることがどんどん溜まっていってしまいます。

郵便物を持って帰ったら、一息入れる前に、明らかにいらないものだけ先にシュレッダー。

ダンボールが届いたらすぐに開封し、箱は即捨てるなど。

2〜3分で済むのなら、その場で捨てることを習慣にすると後々ラクです。

 

 

7割片付けば、それでOK

はじめから完璧にしようと思うとモチベーションが続かないので、「7割できたらOK」くらいに思っておく方が気軽。

実際、一回で頑張って完璧にするよりも、数回に分けて仕上げた方が本当に綺麗になります。

 

 

”ついでにやる” を習慣化

”歯を磨いた後、ついでに鏡を拭く”

”食器を洗う、ついでにシンクを洗う”

”お風呂に入る、ついでにスキージーで水気を切る” など。

面倒な家事掃除は、ついでにできそうな事とくっつけて習慣化すると、やる気を出して頑張ろうと思わなくても無意識にできるようになります。

 

 

夜のルーティン
朝をラクにする【夜のルーティン】一日をリセットする家事習慣

続きを見る

 

モチベーションを上げる方法 ● まとめ

大切なのは、「どのように暮らしたいか」という目標や理想を持つこと。

目標があれば、少しずつでもそちらの方向へ動いていけるような気がします。

片付いたらどんなに良いことがあるか想像する

今日の目標を高く設定しない

とりあえず5分だけ片付けてみる

片付ける範囲を小さくする

”明らかにいらないもの”は、今捨てる

7割片付けば、それでOK

"ついでにやる" を習慣化

関連記事

-片付けのコツ
-, ,

Copyright© I'm home , 2020 All Rights Reserved.