北欧テイストのリビングチェア(BoConcept)

リビング

https://megmeg-simplelife.com

テレビを見たり寛ぐときに使っているリビングチェア。

どのようにしてこのリビングチェアを選んだのかをご紹介します。

 

BEFORE

リビングのソファー

10年前の引っ越したばかりの頃は、L字型のソファーでした。

旦那さんの希望でゴロンと寝れる大きめのソファーをリビングに置いていましたが、結構場所をとるんですよね。

なので買い替えを機に、ソファーから一人掛けチェアに変えて、もうすこしコンパクトにしました。

 

北欧家具店のBoConceptで購入

今使っているリビングチェアは BoConcept で購入。

チェアの種類が多く、張地の色と質感、脚のデザインまでいろいろあって、ニーズに合ったものが選べるところがいいです。

 

北欧リビングチェア

家具はできれば見て触って決めたほうがいいので、展示数の多い青山本店や日本橋店にも行って下見しました。

海外のメーカーだから、どれもちょっと大きめ。

 

北欧インテリアテイストのチェア旦那さんは、このチェアが気に入ったと即決。

ゆったり寝たいらしく、リクライニングチェア&オットマンをチョイス。

このチェアを2つ揃えるとさすがに大きすぎるので、色と脚だけ揃えて私のチェアは小さめのを選ぶことにしましたが、デザインはどれにするかなかなか決められず・・・。

 

ボ・コンセプトのチェア

座り心地はこのチェアがいいのだけれど。

 

北欧インテリアのチェア

デザインはこのOgiってのがいいし・・・。

見本として展示しているチェアだけ見ても、私はなかなか決めらなかったので、カタログをもらい一旦家に帰って家族会議することに。

 

チェアのイメージ店員さんにも相談したら、チェアを2つ並べたイメージのCGを作ってくれました。

こうやって見ると、置いた時のバランスが分かりやすい。

デザイン重視にはなるけど、どっちにするか参考になりました。

 

北欧テイストのリクライニングチェア

うちは猫ちゃんがいてすぐ汚してしまうので、張地はメンテナンスしやすそうなレザーに。

色はライトグレーのレザーが欲しかったので、このソファーと同じ色の薄いグレーにしましたい。

ベージュにも近いグレージュって感じかな。

色は、明かりの加減で色の見え方が全然違うから、やっぱり実際見て決めたほうがいいですね。

受注生産で待つこと3ヶ月。

 

リビングに、チェア2つを配置

リビング何もないリビングに、チェアを2つ置くと・・・

 

北欧テイストのリビングチェア

こうなりました。

最初はカフェの窓際みたいなイメージにしたかったのですが、結果的にはちょっと違うけど、まぁまぁいい感じに^^

窓際にリビングチェアを2つ置いたら、リビングの真ん中にスペースができて、ソファーを置いていた時よりも少し広く感じました。

 

北欧テイストのリクライニングチェア受注生産だから実物が見れなくてちょっと不安でしたが、実物を置くと色は想像通りの優しい雰囲気で、リビングに置いたときのサイズ感もよくて安心しました。

今は、テレビが見やすいようにチェアの配置を変えたり、クッションを変えたりしながら、プチ模様替えを楽しんでいます♪

 

リビングで愛用しているインテリア

ずっと飽きないデザイン。

 

コーヒーテーブル代わりのスツール。

 

北欧デザインの優しい灯り。

 

セブンチェアとスーパー楕円テーブル
【リビングの北欧インテリア】セブンチェアとスーパー楕円テーブル

続きを見る

関連記事

-家具 / 照明
-,

Copyright© I'm home , 2020 All Rights Reserved.