ミニマリストのタオルの枚数と選び方

タオルの必要枚数と収納のコツ

洗面所にあるリネン庫に、洗ったタオルをすべて収納。

タオルを一箇所にまとめることで、「何枚持っているのか」「足りないタオルはあるか」「ヘタっているのはあるか」「どんな色を持っているのか」が分かりやすくなります。

今はグレー系で揃えて、インテリアのアクセントカラーと同じ赤を少しだけ足しました^^

タオルも色が散乱しないように、だいたい2色くらい決めて揃えるとすっきり見えます。

 

 

タオルは何枚必要?

タオルは何枚必要?

タオルは、同じ種類のものをまとめて購入します。

その時によく思うのが 、「タオルって何枚くらい我が家には必要?」 ということ。

ありすぎても持て余してしまうし、予備が全然ないというのもなんだか不安ですよね。

我が家ではタオルは1日使ったら洗濯しているので、洗濯によるタオルの消耗を考えたら、予備はあったほうが安心できます。

そこで、何枚あればちょうどいいのか、洗濯頻度と予備を考慮して、具体的に計算してみました。

 

我が家の例

・我が家は二人暮らし。

・洗濯頻度は基本的には2日に1回。

・タオルは毎日取り替え。

・洗い替えとして、1〜2枚余分にあると安心。

 

「バスタオル」は、1日1人1枚使うので、1日2枚必要。

もし3日目で洗濯したとしたら、2枚×3日=6枚が洗濯かごに入っていることになる。

そのとき予備として1人2枚くらいあると安心だから、4枚あるといい。

 

そう考えたら、「洗い換えを考慮して10枚くらいあるとちょうどいい」ということになりました。

洗濯かごに入るタオル(家族数×洗濯の間隔日数) + 予備(家族数×2枚) = 必要な枚数

 

バスマットは、洗ってもすぐ乾くから1枚でも良さそうですが、一応予備として1枚足して合計2枚あればいい。

キッチンのタオルは毎日取り替えるから、洗濯頻度と予備を考慮して、各用途5枚ずつあればよさそう。

・・・といった感じに、我が家に合った必要枚数を決めて、その範囲内で買っています。

 

 

タオルの種類と枚数

バスタオル 10枚

タオルの種類

バスタオルは分厚くて乾きにくく、大きいからかさばりますよね。

なので、気軽に洗濯ができるように、幅1メートルくらいのタオルを使うことにしています。

1メートルくらいあると、ロングヘアで髪を洗っても充分使えるのでおすすめです。

 

 

バスタオルは、衛生面を考えて、家族一人一人色分けして使うことにしました。

「バスタオル」と「洗面所で手を拭く時のタオル」を同じ種類のタオルで統一したら、いろんなサイズを買わなくて済むようにもなりました。

 

 

表裏がはっきり決まってないタオルだから、畳む時に表裏を気にしなくていいところも気に入っています。

 

バスマット 2枚

 

分厚すぎず、程よい面積のバスマット。

洗濯機に入れても片寄らず、洗いやすいです。

タオルハンガーに掛けてても、可愛い柄ならわるくないですよね^^

 

キッチンで使うタオル (手拭きタオル+水切り用タオル) 10枚

キッチンのタオル

乾きやすく、しっかりした素材感で長持ちするリネンのタオルが好き。

「キッチンで手を拭くタオル」と「水切り代わりに敷いているタオル」を同じ種類のタオルで統一。

 

 

 

食器拭き用タオル 5枚

ふきん

洗った後の食器を干したままにしていると、早く片付けたくなるので、ある程度水気がなくなったら食器を拭いてます。

 

 

よく吸ってよく乾く、蚊帳生地を2枚重ねた布巾を愛用。

ブルー寄りの薄いグレーのようなお色の「スズラン」を選びました。

新品のときは糊付けされてて網戸みたいにパリパリだけど、一度洗うとフワフワに。

ちゃんと水分を吸ってくれるのかなと思うくらい薄いのに、食器の水分を一拭きしただけで綺麗にしてくれる優れもの。

薄いからグラスの中までタオルがスッと入り、二度拭き三度拭きしなくてよいというのは嬉しい。

ふきんを広げておくだけで、ほんとにすぐ乾きます。

 

パラティッシ柄のキッチンタオルも素敵。

 

 

ミニマリスト流 タオルの収納のコツ

タオル収納のコツ

 

タオルはしまい込まずに使い切る

いただき物のタオルや使わないタオルを仕舞い込むと、収納庫の中ではじゃまなものになってしまうので、遠慮せずに使うかもしくはお掃除用として使ってしまいましょう。

 

タオルは順繰り使う

洗い立てのタオルは下(もしくは奥)に置いて、順番に満遍なく使えるようにすると、ヘタリ具合も揃い、まとめて買い替えやすくなります。

 

古いタオルはウエスにして、タオルとは別の場所に置く

使い古したタオルは別の場所に収納し、お掃除用として保管。

いざという時、置いといてよかったーって思う時がきっときます^^

年末の大掃除の時期になると、床・壁・ベランダまでガンガン使ってるので、いつもごぼっと減ってます。

 

表裏のないタオルを選ぶ

たたむ時に気になるのが、タオルの表裏。

表裏が決まっていないタオルなら、気にせずに済みます^^

 

用途別にサイズを分けない

「バスタオル」「フェイスタオル」「ハンドタオル」のように用途別にタオルの大きさを分けると、収納場所を分けたり使い分けたりする手間が必要なので、どれを使ってもいいように、できるだけ大きさや種類を統一すると便利です。

 

 

まとめ

ほどよくタオルに予備があるくらいが、自分的にはちょうどいい。

いろいろ試しながら、何枚くらいあればいいのかが分かれば、買い替えの時も悩まなくて済みます。

 

1日の終わりにタオル類を全部洗濯かごに入れ、翌日のために新しいタオルを出しておく。

そうやって、また新しい1日が始まる。

そんな風にして過ごしてます。

 

関連記事
タオルのたたみ方
【洗面所収納】タオルの収納方法とたたみ方

続きを見る

水まわりには物を置かない
【持たない暮らしの始め方】水まわりには物を置かない

続きを見る

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

megru

北欧インテリア好きミニマリスト。メインクーン2匹と夫婦2人の東京マンション暮らし。好きなもの大切なものを優先にした北欧ミニマルな暮らしで、自分らしくいられるシンプルで居心地の良い部屋作りをしています。

-洗面所収納

Copyright© megmeg simple life , 2024 All Rights Reserved.