収納棚を断捨離、不要だった10のモノ

収納棚を断捨離

だんだん寒くなってきましたね。

そろそろ加湿器を出そうと収納棚を開けたついでに、不要なものがないかもチェックしました。

 

季節の変わりめや、収納棚の物が取りだしにくくなった時が、断捨離のタイミングかもしれませんね。

余計なものが増えないように、ちょっとずつ断捨離を繰り返すことで、持ち物がどんどんシンプルになっているような気がします。

 

私が持ち物を見直すときの捨てる基準としては、「どんなときに使うのか具体的に想像できるか」で、いるいらないを判断しています。

収納棚の中で私がいつも断捨離チェックしているものが10個ほどあリますので、よかったら参考にしてみてください。

 

断捨離した不要なもの

収納棚の断捨離

 

壊れている家電 / 1年以上使ってない家電

 

 

収納棚に放り込んだまま全然使っていない家電や、機械の調子が悪いまま放置してた・・・なんてことも。

家電は結構場所をとるので、1年以上使ってないのであれば、早めに処分。

それだけでも、ずいぶん風通しよくなるはず。

 

 使い道の分からない部品

 

 

組み立て家具のパーツ、家電に付属していた部品、釘、クリーニングのハンガー、安全ピンなど。

何かを買ったときに必ず付いてくる付属品は、いつか使うかもしれないから取って置いてしまいますよね。

だからといって何でもかんでも置いておくと増える一方だから、「使い道が分からない部品」「何年も使ったことのない物」「リサイクルショップに売る予定のない物」は捨てることにしています。

接着剤などの補修用品もあまり古いと使えないから、見直したいですよね。

一個ずつ手にとって「これは、いつ使うだろうか」って考えてみると、案外いらないものがあったりするものです。

 

形が崩れた紙袋

 

 

狭い隙間に詰め込みすぎると、たたみジワができて使えなくなってたってことありますよね。

あまりたくさん保管していても傷んでしまうので、使う機会が多そうな袋だけに厳選。

 

使い道のない空き箱 / 売る可能性のない外箱

 

 

箱も収納棚の中では結構場所を取りますよね。

捨てても平気な段ボールは捨て、売るかもしれない外箱は畳めるものは畳んで一つの箱にまとめ、できるだけコンパクトに。

まだ使えそうなかわいい空き箱や缶は、どこかで使おうと残してしまいたくなりますが、使いどころがなく長いあいだ放置してるのなら、今後も使わない可能性大です。

1年使わなければ捨てるというように、ある程度とっておく期間を決めておくと、捨てる決断がしやすくなると思います。

 

DVD・CD

 

 

CDやDVDは、その当時の思い出と重なるから、なかなか捨てる見極めが難しいものですよね。

音楽は形のないものなのだから、CDを捨てたからなくなってしまうというものではなく、聴きたくなったらダウンロードすればいつでも聴けるし、形にこだわる必要はないと思ったら、手放せるようになりました。

でも全部を一気には捨てられなかったので、ちょっとずつ減らしています^^

録画したディスク類も、本当に残しておきたいものだけに厳選するようにしています。

 

1年以上使っていない寝具や来客用布団

 

 

寝具は頻繁にお手入れしないと、いざ出した時、ダニが繁殖していることがあるそうなので、年に一度も使ってないような寝具は処分。

来客用のお布団は、以前は持っていましたがまったく出番がなく。

使う機会のないかさばる布団を収納して、しまいたい物がしまえなくなるくらいなら、なくていいと思うようになりました。

なければないで何とでもなります^^

たとえば、布団レンタルもあるし、マンションならゲストルームあるし、近くのホテルに泊まっていただくとか・・・。

お家の中のほんと限られた収納スペースだから、「必要なのか・なければ困るものなのか・他に代用できるか」を自分の中で見極めて、収納していきたいですね。

 

お付き合いのなくなった名刺 / 年賀状

 

 

いただいた年賀状は一定期間保管していますが、近況は変化するものなので、1〜2年を目安に整理しています。

最近は、名刺管理アプリもいろいろあって便利ですよね。

そういったアプリを使って、紙でなく写真やデータで残すようにしています。

 

ケーブル類

 

 

ケーブルは一つの箱に全部まとめて、見直しやすいようにしています。

一年に一回くらい見直して、もういらないケーブルは処分。

こないだも、よく見たら使っていない延長コードが4本くらいあったので減らしました^^

 

使いどころの見つからないカゴや収納用品

 

 

引っ越す前はよく使っていた収納用品だけど今では全く使わなくなっていたり、いつの間にか使わなくなった収納用品ってありますよね。

今の使い勝手に合わない収納用品は、取って置いても場所をとるだけなので、潔く処分を。

 

裁縫で余ったハギレ

 

 

収納袋を作ったり、クッションを作ったりしたときに余った生地の端切れ。

なにかに使えるかもと思って一応取っておくのですが、中途半端なサイズだと何年も使わずじまいで残ってしまうことも。

使いづらい大きさの生地は思い切って捨てて、増えすぎないようにしています。

 

 

関連記事

-物を減らす
-,

Copyright© I'm home , 2020 All Rights Reserved.