少ないものでシンプルに暮らす 10の習慣

ACTUSウォールミラー

 

物は少ないけれど、今の自分に必要なものはちゃんとあって満ち足りている。

必要なものが、使いやすい状態でゆったりと仕舞われている。

そんな暮らしが私の理想。

時間に追われることなく、ゆったりとストレスなく過ごすために、物事を減らして余裕をつくっておくといいと思います。

少ない物でシンプルに暮らすための10の習慣をご紹介します。

 

物を増やさない方法
シンプルな暮らし方
【シンプルな暮らし】物を増やさない方法

続きを見る

 

 

シンプルに暮らすための 10の習慣

 

”何が入っているのか分からない所” から片付ける

 

何が入っているのか分からないということは、使わない物や明らかに不要な物がそこにたくさんあるということ。

ということは、そこはすごく断捨離しやすい場所とも言えます。

空いたスペースを作っておけば、必要な物がしまえる場所が増えます。

 

片付けの手順
シンプルに暮らすための【片付けの手順】

続きを見る

 

 

物を買う前に、「どんな時に使うのか」「どこに置くのか」を考える

 

その場のいきおいで何も考えずに買うと、無駄なものが簡単に増えていってしまいます。

目的がはっきりしていれば、無駄な買い物になることはありません

「どんな時に使うのか」「どこに置くのか」を考えてから買う癖をつけておくと、後悔することもなくなります。

 

 

同じようなものは持たない・買わない

 

「同じような服はあるけど、いつもこの服に手がいく」

「同じようなキッチンツールが何個もあるけど、いつも使うのはこれ。」

といったように、同じ用途のものがたくさんあっても、使うのはいつも決まってたりしますよね。

使い勝手の良いものは、自然と手にしたくなるのかもしれません。

基本的には、一つの用途に一つの物があれば充分です。

 

 

1つ買ったら、1つ手放す

 

買い替えで新しい物を買っても、古い方はそのまま放置なんてことありますよね^^

使わない物を持ち続けるのはスペースの無駄になってしまいます。

捨てるのを後回しにしても結局手放すなら、今がいい。

新しい物を一つ買ったら、その場で一つ手放すことにしています。

 

 

試供品はすぐに使い切る

 

いつか使えるかもと思って残していても使う機会がなく、何年も前の試供品が奥から出てきたなんてことが以前はよくあったので、残しておいても仕方ないと思うようになりました。

試供品は興味があるうちに、使い切るのが一番です。

 

 

収納用品を買う前に、買わなくて済む方法を考える

 

片付けようと思った時、真っ先に収納用品を買うのではなく「それが本当に必要な物なのか」をまずは考えて、その次に「もっと厳選できないだろうか」「家にあるもので代用できないか」と一度考えてみることです。

そうすると、「新しい収納用品は必要なかった」なんてことも。

収納用品を買う場合、シンプルで使い回しのきくものがおすすめ。

 

キッチンの代用アイデア
オイルポットの代用
【キッチンで使わなくなったもの】キッチングッズの代用アイデア10選

続きを見る

 

 

ちょこちょこ捨てる

 

「引き出しを開けた時に全然使っていないものを見つけたら、その場で捨てる」

「インクが出ずらいペンがあったら、すぐ捨てる」

「服が窮屈に感じたら、すぐ手放す」

といったように後回しにせず、自分にとって不要と分かった時点で手放します。

不要な物を増やさないためには、後回しにしないことが大切

 

捨てられるようになる10の質問
捨てられない物が捨てられるようになる「10の質問」
いらないモノが捨てられるようになる 10の質問

続きを見る

 

 

1日のごみは、その日のうちに家から出す

 

気持ちを切り替えるためにも、一日一回はリセット

一日のごみもその日のうちに家から出してリセットすれば、翌朝気持ちよく過ごせます。

 

夜のルーティン
夜のルーティン
朝をラクにする【夜のルーティン】一日をリセットする家事習慣

続きを見る

 

 

詰め込み収納よりも、見やすい収納

 

たくさんの物を詰め込むよりも、扉を開けただけですべての物が見渡せるような収納にした方が見つけやすく、物を使う機会が増えます。

探すことはストレスになるので、探す時間をなくせれば、それだけ生活にゆとりが持てるようになります。

 

7割収納実例
タオルの必要枚数と収納のコツ
【7割収納】ゆとりある収納にする 5つのメリット

続きを見る

 

 

収納に完璧を求めない

 

自分にとって必要なものは、常に変化するものです。

一度に完璧に片付けようとしてもそれで終わりではありません。

使い勝手が悪いなと感じたら、その都度、少しずつ見直すことを習慣にして続けることが大切です。

 

 

少ない物でシンプルに暮らす10の習慣 ● まとめ

”何が入っているのか分からない所” から片付ける

物を買う前に、「どんな時に使うのか」「どこに置くのか」を考える

同じようなものは持たない・買わない

1つ買ったら、1つ手放す

試供品はすぐに使い切る

収納用品を買う前に、買わなくて済む方法を考える

ちょこちょこ捨てる

1日のごみは、その日のうちに家から出す

詰め込み収納よりも、見やすい収納

収納に完璧を求めない

 

私の物の減らし方
物の減らし方
【不要な物を捨てる習慣】私の物の減らし方

続きを見る

シンプルに暮らすための15カ条
シンプルに暮らす
少ない物でシンプルに暮らすために、今からできる15のこと

続きを見る

物を減らす15の習慣
物が勝手に減っていく15の習慣【物を減らすコツ】

続きを見る

 

-物の減らし方

Copyright© megmeg simple life , 2021 All Rights Reserved.