減らす

シンプルに暮らすための 7つの「減らす習慣」

シンプルに暮らすための減らす習慣

 

散らかった部屋の片付けを一気にやろうとすると、ダイエットと同じようにリバウンドする可能性が。

新しい物を家に入れるだけではなく、そのぶん減らせるような習慣をつくって続けることで、ゆっくりでも確実に物が減らせます。

シンプルに暮らすための減らす習慣を7つご紹介します。

 

 

物を減らす 7つの習慣

 

1年以上使っていない服や靴は手放す

服は部屋の中でも結構かさばるものですよね。

ここを減らすと一気に部屋がスッキリします。

衣替えのタイミングで、今年着なかった服や靴をクローゼットから出し、着古した感のある服は処分。

まだ綺麗な状態の服は、リサイクルショップに売るとお小遣いにも。

どんな服を何枚持っているのかが分かるくらいまで減らして、不要になったハンガーラックや引き出しを捨てたら、部屋がもっと広く感じるようになります。

 

【断捨離】捨てるべきもの クローゼット編

続きを見る

服を減らす方法
【服の減らし方】服を無理なく8割減らす5つのコツ

続きを見る

 

私がよく利用するリサイクルショップ。

 

 

壊れたものは、今すぐ捨てる

壊れた電化製品、切れた電球、欠けた食器など。

また今度捨てようと思っていると、いつまでたっても物は減りません。

後回しにせず、今すぐ粗大ゴミに予約を入れるか、ごみ袋にまとめて、すぐ手放せるようにしてます。

 

 

郵便物を持ち帰ったら、一息つく前に開封する

郵便物は必要なものと不要なものが混ざって届くから、仕分けを後回しにしたくなりますよね。

だけど後回しを続けると、どんどん溜まっていって余計面倒に。

郵便物を持ち帰ったら、一息つく前にすぐに開封して「いるもの」と「いらないもの」に分けることを習慣にするだけで、後でまとめてやる面倒がなくなります。

個人情報が書いている部分を切り刻むのが面倒なら、使いやすそうなシュレッダーを玄関やゴミ箱の近くに置いて、郵便物を捨てやすくしてみるのもおすすめ。

 

【領収書やレシートの収納】IKEA・100均セリアを使った収納アイデア

続きを見る

 

書類を気持ちよく処分できるシュレッダー 。

 

 

新しい物を買ったら、古いものは捨てる

私はいつも新しい物を買ったら、そのテンションのまま家に帰って断捨離しています。

先日も部屋着を数枚買ったのですが、家に帰ってすぐ部屋着を入れている引き出しを開けて、着古した服を捨てました。

古い物を捨てることで、引き出しの中の服がゆったり入りますし、今着れる服だけしか入っていない引き出しは、見ていても気持ちいいものですよね。

新しい物を買うだけでは物は増える一方なので、買ったぶん捨てるようにするといいですよ。

 

部屋着を収納している引き出し。

旦那さんと私で、引き出し一個ずつ使ってます^^

 

 

同じ用途のものは何個もいらない

気がつくと、同じようなハサミが何個もあったり、同じような保存容器、同じ色のペンが何個もあったりしませんか。

同じようなものがいくつあっても、いつも使うのは決まってたりしますよね。

それなら、いつも使っている使い勝手の良いものだけ残せば、収納に余裕ができて、出し入れもしやすくなるはず。

収納は、いかに詰め込むかではなく、いかに使いやすいかが大切。

余白は収納を美しく見せてくれます。

 

 いろんな料理に使えるシンプルな鍋をシリーズで揃えると、何個も増やさなくて済みます。

クリステルは入れ子でスッキリ収納できるところがお気に入り。

 

 

試供品は使い切る

試供品も使いどきが分からずに溜まりやすいものです。

お試しでもらったものは、その日のうちに使い切るようにするのがベスト

スーパーでもらう割り箸・お手拭き・スプーン・ストローなどは、その日のうちに水まわりのお掃除に使ってしまって、残さないようにすると増えることはありません。

持ち帰っても使わないことが分かっているなら、もらわないという選択もあります。

 

 

 余った収納用品は捨てる

余った収納用品は、またどこかで使えそうと思ってしまいますが、無理に使おうとするのは禁物。

空間があると埋めたくなる心理が働いて、不要な物を意味なく収納してしまったり、収納用品だらけになって部屋が狭くなる場合も。

収納用品に合わせるのではなく、収納したいものに合った収納用品を選ぶようにしたほうがスッキリ片付きます。

使い勝手の悪い収納用品や置きたい場所にフィットしない収納用品は捨ててしまって、必要な時はまた書い直すほうがいいです。

 

 

シンプルに暮らすための「減らす習慣」まとめ

 

「今の自分にとって必要なものだけ持つ」を目標にし、いつかではなく「今」にフォーカスすることで、自然と今の自分に合った物だけに厳選することができます。

 

1年以上使っていない服や靴は手放す

壊れたものは、今すぐ捨てる

郵便物を持ち帰ったら、一息つく前に開封する

新しい物を買ったら、古いものは捨てる

同じ用途のものは何個もいらない

試供品は使い切る

余った収納用品は捨てる

 

物が勝手に減っていく15の習慣【物を減らすコツ】

続きを見る

シンプルライフ
シンプルに暮らすためにやめたこと【持たない暮らし 12のマイルール】

続きを見る

 

-減らす
-,

Copyright© I'm home , 2021 All Rights Reserved.